2004年版 学科試験 (午後の部) 過去問

  1. 【問題46】施工計画のために行う事前調査に関する記述として,最も不適当なものはどれか。
  2. 【問題47】市街地における近隣環境対策に関する記述として,最も不適当なものはどれか。
  3. 【問題48】仮設電気設備計画に関する記述として,最も不適当なものはどれか。
  4. 【問題49】仮設計画に関する記述として,最も不適当なものはどれか。
  5. 【問題50】一般的な施工計画に関する記述として,最も不適当なものはどれか。
  6. 【問題51】コンクリート工事の施工計画に関する記述として,最も不適当なものはどれか。
  7. 【問題52】試験及び検査に関する記述として,最も不適当なものはどれか。
  8. 【問題53】材料の保管又は取扱いに関する記述として,最も不適当なものはどれか。
  9. 【問題54】所轄の労働基準監督署長に提出しなければならない届出として,不適当なものはどれか。
  10. 【問題55】施工計画に関する記述として,最も不適当なものはどれか。
  11. 【問題56】建築工事の工期とコストの一般的な関係として,最も不適当なものはどれか。
  12. 【問題57】工期短縮のための一般的な対策に関する記述として,最も不適当なものはどれか。
  13. 【問題58】ネットワーク工程表におけるフロートに関する記述として,不適当なものはどれか。
  14. 【問題59】図に示す鉄骨の工場製作の工程において,工程とその中で行われる作業の組合せとして,最も不適当なものはどれか。
    59-1
  15. 【問題60】鉄筋コンクリート造の一般的な事務所ビルの新築工事における全体工程表上のマイルストーン(管理日)として,最も重要度の低いものはどれか。
  16. 【問題61】管理図にプロットされた点の状態から,工程に異常がないと見なせるものはどれか。
  17. 【問題62】JIS に規定する品質管理用語に関する記述として,最も不適当なものはどれか。
  18. 【問題63】検査に関する記述として,最も不適当なものはどれか。
  19. 【問題64】品質管理に関する記述として,最も不適当なものはどれか。
  20. 【問題65】安全管理に関する記述として,「労働安全衛生法」上,誤っているものはどれか。
  21. 【問題66】安全管理に関する記述として,「労働安全衛生法」上,誤っているものはどれか。
  22. 【問題67】建物の外周足場で高さ10m以上のものを設置する工事の計画を作成する場合,労働災害の防止を図るため参画させなければならない資格を有する者として,「労働安全衛生法」上,誤っているものはどれか。
  23. 【問題68】労働災害に関する用語の説明として,最も不適当なものはどれか。
  24. 【問題69】クレーンを用いる作業に関する記述として,「クレーン等安全規則」上,誤っているものはどれか。
  25. 【問題70】安全管理に関する記述として,「労働安全衛生法」上,誤っているものはどれか。
  26. 【問題71】避難に関する記述として,「建築基準法」上,誤っているものはどれか。
  27. 【問題72】次の記述のうち,「建築基準法」上,誤っているものはどれか。
  28. 【問題73】次の記述のうち,「建築基準法」上,誤っているものはどれか。
  29. 【問題74】建設業の許可に関する記述として,「建設業法」上,誤っているものはどれか。
  30. 【問題75】元請負人の義務に関する記述として,「建設業法」上,誤っているものはどれか。
  31. 【問題76】主任技術者又は監理技術者に関する記述として,「建設業法」上,誤っているものはどれか。
  32. 【問題77】次の記述のうち,「労働基準法」上,誤っているものはどれか。
  33. 【問題78】建設業の事業場における安全衛生管理体制に関する記述として,「労働安全衛生法」上,誤っているものはどれか。
  34. 【問題79】酸素欠乏危険作業に労働者を従事させるときの事業者の責務として,「酸素欠乏症等防止規則」上,誤っているものはどれか。
  35. 【問題80】次の記述のうち,「消防法」上,誤っているものはどれか。
  36. 【問題81】次の記述のうち,「都市計画法」上,誤っているものはどれか。
  37. 【問題82】特定建設資材を用いた建築物等の解体工事又は新築工事等のうち,「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」上,分別解体等をしなければならない建設工事として,政令で定める規模に関する基準に該当しないものはどれか。
2004年版 学科試験 (午後の部) 過去問の解答を見る