2007年版 学科試験 (午後の部) 過去問

  1. 【問題46】事前調査や準備作業に関する記述として,最も不適当なものはどれか。
  2. 【問題47】総合仮設計画に関する記述として,最も不適当なものはどれか。
  3. 【問題48】鉄骨鉄筋コンクリート造の中層ビルにおける鉄骨建方の施工計画に関する記述として,最も不適当なものはどれか。
  4. 【問題49】材料の保管又は取扱いに関する記述として,最も不適当なものはどれか。
  5. 【問題50】施工者が作成する工事の記録に関する記述として,最も不適当なものはどれか。
  6. 【問題51】工事の届出に関する記述として,「労働安全衛生法」上,誤っているものはどれか。
  7. 【問題52】施工計画に関する記述として,最も不適当なものはどれか。
  8. 【問題53】突貫工事になると工事原価が急増する原因として,最も不適当なものはどれか。
  9. 【問題54】工程管理における進ちょく度管理に関する記述イ0ニを一般的な手順に並べたものとして,最も適当なものはどれか。
    イ. 遅れている作業の工程表の作成や工程表によって余裕時間を再検討する。
    ロ. 工程会議などで遅れの原因がどこにあるか調査する。
    ハ. 作業員の増員,施工方法の改善等の遅延対策を立てる。
    ニ. 工程表によって工程進ちょくの現状を把握する。
  10. 【問題55】ネットワーク工程表に関する記述として,最も不適当なものはどれか。
  11. 【問題56】次の図は,建物の山留め工事に親杭横矢板工法を採用した場合の,地下1階床コンクリート打設終了から地上躯体工事開始までの間の主要工事イ0ヘを示したものである。工事の一般的順序として,最も適当なものはどれか。
    イ. 乗入れ構台解体
    ロ. 山留め支保工撤去
    ハ. 地下1階躯体工事
    ニ. 埋戻し(地下1階から地盤面まで)
    ホ. 埋戻し(地下1階床まで)及び仮切梁設置
    ヘ. 親杭引抜き
    56-1
  12. 【問題57】品質管理に関する記述として,最も適当なものはどれか。
  13. 【問題58】次の管理図のうち,最も統計的管理状態にあると判断されるものはどれか。
  14. 【問題59】竣工建物の不具合の内容を示すパレート図の考察結果として,最も不適当なものはどれか。
    ただし,調査建物数1,000 棟,不具合件数は200 件である。
    59-1
  15. 【問題60】品質管理及び品質保証に関する記述として,最も不適当なものはどれか。
  16. 【問題61】仕上げ施工の試験及び検査に関する記述として,最も不適当なものはどれか。
  17. 【問題62】コンクリートの試験及び検査に関する記述として,最も不適当なものはどれか。
  18. 【問題63】鉄筋のガス圧接工事の試験及び検査に関する記述として,最も不適当なものはどれか。
  19. 【問題64】安全管理に関する一般的な記述として,最も不適当なものはどれか。
  20. 【問題65】建築物等の鉄骨の組立て等作業主任者の職務として,「労働安全衛生規則」上,定められていないものはどれか。
  21. 【問題66】架設通路に関する記述として,「労働安全衛生規則」上,誤っているものはどれか。
  22. 【問題67】枠組足場に関する記述として,最も不適当なものはどれか。
  23. 【問題68】安全管理に関する記述として,「労働安全衛生法」上,誤っているものはどれか。
  24. 【問題69】有機溶剤作業主任者の職務として,「有機溶剤中毒予防規則」上,定められていないものはどれか。
  25. 【問題70】安全管理に関する記述として,最も不適当なものはどれか。
  26. 【問題71】用語の定義に関する記述として,「建築基準法」上,誤っているものはどれか。
  27. 【問題72】防火地域及び準防火地域内の規制に関する記述として,「建築基準法」上,誤っているものはどれか。
  28. 【問題73】特殊建築物等の内装制限に関する記述として,「建築基準法」上,正しいものはどれか。
  29. 【問題74】建設業の許可に関する記述として,「建設業法」上,誤っているものはどれか。
  30. 【問題75】工事の請負契約に関する記述として,「建設業法」上,誤っているものはどれか。
  31. 【問題76】主任技術者又は監理技術者に関する記述として,「建設業法」上,誤っているものはどれか。
  32. 【問題77】「労働基準法」上,18才に満たない者を就業させることが禁止されている業務はどれか。
  33. 【問題78】用語の定義に関する記述として,「労働安全衛生法」上,誤っているものはどれか。
  34. 【問題79】事業者が所轄労働基準監督署長に報告書の提出を遅滞なくしなければならない事故等として,「労働安全衛生法」上,定められていないものはどれか。
  35. 【問題80】次の記述のうち,「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律(建設リサイクル法)」上,誤っているものはどれか。
  36. 【問題81】開発行為の許可に関する記述として,「都市計画法」上,誤っているものはどれか。
  37. 【問題82】次の作業のうち,「振動規制法」上,特定建設作業に該当するものはどれか。
    ただし,作業は開始した日に終わらないものとする。
2007年版 学科試験 (午後の部) 過去問の解答を見る